“業界新聞”

時計、貴金属、メガネ業界の最新情報をいち早く 全国に発信している ”業界新聞”
1947年(昭和22年)より発刊している香川県拠点の老舗新聞社なんです。
今年でなんと70周年を迎えて 850号を超えています
編集長の長谷川 修一氏はいわば この業界の”生き字引ってところです。




今回の-業界新聞コラム-は、これっ!

(以下本文↓)

ジュエリーを3Dでデザインする…

 

ジュエリー;それは、美しさを表現する装飾品―3Dでデザインすることは自然の流れでしょう。

 

”イメージ”で捉えるデザイナー、”作り”を考慮する職人。異質が交わるそこには摩擦が起きるもの。

デザイン画に於いて、見えていない部分をどう職人に伝え、それをどう作り上げていくか…

 

「ここをもう少し細く」、「もっと摺って繊細に」、しまいには「そこをシュッと」などと擬音の指示まで飛び出てきます。

デザイン画とにらめっこしながらも そう簡単にはいかない。

 

イメージを伝えるには、やはり詳細な”絵”が必要となります。

デザインした本人がつくり手となるならまだしも、それを伝え製作してもらうから。

 

細部までイメージ出来ていなければその部分は当然、つくり手のセンスに頼らざるをえません。

お任せの部分って意外に難しいものです。

 

はっきりとしたイメージがあれば、この最大の難関は”3Dでデザイン” することで解決されます。

 

それは、デザイン画の役割を超えた まさにクラフトノウハウの上に成り立った3Dデザイン画=モデリングだから。

故に、デザイナー本人が作り手となりイメージを組み立てジュエリーを作っていることと同じ。

不器用だからとか、ヤスリやバーナーなど工具の使い方には関係ありません。

 

そこには、他のテイストが入込む余地など無く、あなたのデザインには妥協点がない。

職人とのやり取りで「難しい」、「わからない」、「出来ない」などが一瞬で解決。

ジュエリー製作において、こんなにやりやすいことはないでしょう。

   

もちろん、これはジュエリーCADの操作が出来てのお話。

確かに最初は、少なからず覚えることもあり誰だって難しく感じるものです。

完璧じゃなくても全く問題ありません。むしろ、完璧に操作覚えるよりもっと大事なことは、とりあえず一歩を踏み出し挑戦してみること。

すべては、そこから広がっていくものです。

また、これまでジュエリービジネスに取り組んでこられたことを考えれば、”作り”の事もなんとなくわかってくるはず。

 

少量、多品種そして、”Made for you”が一番得意な”3Dプリンタ”。

「モノづくり」の中心的役割を果たしてくるであろう”3Dプリンタ”。

これらを組み合わせ、ジュエリーを3Dでデザインする事は、ジュエリービジネスに新たな展開をもたらすと感じます。

 

※JCAD;山梨県の地場産業振興の研究開発事業で山梨県工業技術センターと山梨大学の研究成果として作られたMade In JAPANのジュエリーに特化したCADソフト。(Pro版¥216,000-/Basic版¥37,800‐)


“業界新聞”

(※業界新聞社;香川県坂出市駒止町2丁目5番43号/TEL・Fax;0877-46-5384/編集発行人;長谷川 修一)

●購読の申し込みはこちらまで(購読料1ヵ年3,500-送料共)

↓↓

(※業界新聞社;香川県坂出市駒止町2丁目5番43号/TEL・Fax;0877-46-5384/編集発行人;長谷川 修一)